2007/11/15.Thu

軽井沢の秋

雑誌によく登場する扉温泉明神館での、オーガニックフレンチのランチと入浴を楽しみに黄葉の風景を眺めながら、一路車を走らせました
しかし、とても楽しみにしていたのに、予約を入れていなかった為、
あっさりと断られる破目になりました

この日の昼食は、仕方なく美ヶ原の道の駅で済ませました・・・・・(残念!)

扉温泉

美ヶ原ビーナスラインを抜けてて、1時間半ほど走ると、安曇野に到着です。
わさび農園で有名なこの地に温泉郷があることは知りませんでした。
ここ、穂高温泉郷にある『なごみ野』さんは開業6年目を迎えた和風のお宿です。
翌朝はセンスよく盛り付けられた朝食、こんなシュチュエーションでゆっくり味わいました。

なごみ野

なごみ野


ちなみに、和風創作懐石料理の夕食は、お客を楽しませる柔軟な発想がいっぱいでした。もちろんお味も格別です。
自然の中に溶け込んだなごみ野さんは、静かでとても居心地がよく、また是非訪れたくなる、そんなおもてなしある安らぎのお宿でした◎


3日目はなごみ野さんを出発して軽井沢へと向かいました。
さすがに、旧軽井沢の銀座道りは賑やかで、ちょこっとお買い物でも楽しみたかったのですが次の目的地、めがね橋へと急ぎました


碓氷峠の代表的な建造物、通称『めがね橋』と親しまれているレンガ造りのこの橋は
川底からの高さが31mもあり、日本最大だそうです。
現在は橋の上を散策することが出来ます。

めがね橋

軽井沢

上高地とは標高差数百メートルの違いで軽井沢は気温が高く、黄色や赤の見事な紅葉がまだ楽しめました。
今年は朝の冷え込みも少なく、紅葉が遅れていたせいもあったのですね

自然の中に身を置いて、信州の秋の移り変わりを肌で感じた休日でした。

関連記事
旅・お出かけ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示