2008/02/21.Thu

シンポジウムのご案内

 働く女性の生理痛を考える』と題した産経新聞社主催のシンポジウムが3月3日(月)午後6時半から大阪市中央区心斎橋筋のそごう劇場で開かれるそうです。
 多くの女性が悩む生理痛とその原因である子宮内膜症について考える産経新聞医療シンポジウムです。精神的にも肉体的にもストレスが募る生理痛について、専門家がわかりやすく解説してくれるそうです。

☆講演内容☆
「生理痛について?原因と対策」 星合・近畿大学医学部教授
「子宮内膜症について?痛みと不妊からの解放」 北脇・京都府立医科大学准教授

昨日の産経新聞でこのシンポジウムの記事に目が留まり、ひとりでも多くの方に参加してもらえたらとご案内させていただきました。(私も数年前に参加しました)

  
  <応募のお問い合わせ先> 
     サンケイ広告社内 「医療シンポジウム」 係
     電話 06-6343-3274(平日の午前10時?午後5時)で25日必着。定員250人。
 

 私自身、子宮内膜症(線筋症)との長い闘いを経験してしてきました。痛みを我慢することは決して美徳ではないと思います。今、若い女性に増加傾向にある子宮内膜症。どうぞ正しい知識を身につけて、少しでもクオリティの高い生活をして欲しいと願っています。この病気は治療法も様々で、ホルモン療法など薬物療法の副作用で悩みをかかえておられる方もたくさんおられると思います。信頼できる医師に出会って納得のいく治療を受けて欲しいと思います。そしてこの病気は外科医の腕が大きく治療に影響します。
 また、痛みをかかえながらも病院に行けずに悩んでおられる方も、おられるのではないでしょうか。私も10年前に友人が病院に付き添ってくださったお蔭で受診することができ、この病気が発見されました。
生理痛で痛みをかかえておられる方がまわりにいらっしゃったら、是非早期の受診をおすすめしてあげてください。
 
 私がお世話になったところの一部を紹介させていただきます。少しでも、皆さんのお役に立てましたら、嬉しく思います。
日本子宮内膜症協会女性のサポートと、よりよい女性医療を探求する当事者による非営利組織(NPO)です。電話相談の受け付け、自助グループの紹介などももあります。
医療法人 佐伯病院 ウイメンズクリニックJEMAから紹介いただいたクリニックです。患者本人の考えを考慮しながら、とても丁寧な診察をしてくださいます。すべてが温かで心も元気にしてくれる病院です。(京都市下京区)
                                     
                        うさぎ

先日、筋腫でお悩みの方にも、佐伯病院をご紹介させていただきました。腹腔鏡下の手術はすべて佐伯先生が執刀くださり、安心した治療を受けることができました。佐伯先生に出会えましたこと、心から感謝しております
 
関連記事
日記 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
たいへんな思いや痛みを経験をされた
mocomocoさん
やさしい思いが伝わるといいですね。

自分が病気になった時に、ようやく
病気になった側の気持ちがわかった
恥ずかしい私です。v-402

色々な情報を知るのは、良いことです。
ホルモンのバランスについては、
興味がある年頃です。v-408
SU-SANへ
もちろん私もそうですよ。
至らなかった自分に反省することばかりです。

50代を元気に過ごすためにも、ホルモンバランスもこれからは気になるところですね。
また、色々と教えてくださいねi-236
お久しぶりです。
ヤケドして、仕事休んでるんだけど、
毎日毎日いろんな事がありすぎて、元気ないです。
唯一いい事といえば、子どもが大学合格した事が救いかな・・・
久しぶりに、PC開きました。

この話、友達にも教えますね。
mocomocoさんは、長い間ホント良く頑張ったね。
私は聞いてるだけで、なんのお役にもたてなかった事が
残念でありません。
元気になって、今、いろんな事にチャレンジして
生き生きと過ごしてるmocomocoさんのブログを見てると
私まで嬉しくなると同時に、
元気をいただけます!
これからもお互い、ちゃんと定期健診を受けて、
元気でいましょうね。
ずっとずっと、一緒に旅行、食事行こうねi-179
れーぴょんさんへ
とんでもないわ。
とても感謝してますi-176

悪い事は重なるものですね・・・
近いうちに美味しいもの食べながら、ゆっくりおしゃべりを楽しみましょう。北新地で「土曜日お昼の限定会席~」良さそうな和食のお店見つけましたよi-87

管理者のみに表示